Pocket
LINEで送る

お久しブリーフです!

1/31でAlfreeの2期目が終了しました!

そして2/1から3期目がスタートです!

そうなんです。Alfreeを作って丸々2年がたちました。

早いですね。自分は成長できているのか?

会社、社員、事業は成長できてるのか?

そんなことを自問自答しております。

 

数値的には、まだ決定版のものはでてませんがおかげさまで増収増益で2期目を終えることができました。

ありがとうございます。

設立年と比べてもしょうがないかもしれませんが、前年比200%以上になっており数値的には成長できていると思います。

 

では事業や心は成長できていますでしょうか?

2期で大きく変わった所は

・事務所を移転した。
・仲間が増えたことです!

インターン生も加わり人数が増えました!

インターン生には本当にとても感謝しています。

また昨年の10月にオフィスを念願の渋谷に移転しました。

このこと僕の中で大きかったです。

基盤固め

2期目はずばり「基盤固め」の年でした。

Webサービスをやっているスタートアップなのに基盤固めなんてと批判はあるかもしれませんが、2期目は基盤を固めました。

1年目はガムシャラにやる!

ただ2期目はうまくやることが求められていました。

 

2期がはじまった初期はプロダクトを伸ばそうと必死になっていました。

ただ、ある会社の取締役の方に「このままプロダクトを運よく伸ばしても会社としては終わるよ。」

そんなことを言われました。

当時めっちゃ悔しくてイラっとしたけど、今は本当に感謝しています。

こんなこと言ってくれる人はあんまいないんですね。

いつか面と向かってお礼をいいたいと思っています。

Alfreeの基盤が固まっておらず雲のように浮いていた形でした。

 

このことがあり僕は会社の基盤を固めることにしました。

まずは目の前のことをしっかりやり、それを安定させてから次に進むようにしました。

もちろん葛藤はありました。

「俺は会社をやりたいんじゃなくて、サービスをやりたくて起業したのにいいのだろうか?」

周りが資金調達やユーザー数、サービスを伸ばしていく中で焦りはありました。

 

そんな中嵐の大野君の言葉が二宮君を変えたというストーリーを聞きました。

NHK「嵐 15年目の告白」 二宮和也を変えた大野智の言葉

 

「今、目の前のことを頑張れない奴が、何を頑張れるんだ」

この言葉が僕を支えてくれました。

まずは目の前のことをしっかりやり結果を出す。これに徹しました。

 

確かに、僕は異業種からきて、さらにWebのことなんて全く分からないなか仲間と始めた会社です!

 ノウハウも経験も知識もありませんでした。

ますはここを身につけることが大事だったんです。

小さな成功体験を身につけていくということがどんなに大切か知りました。

 

完全にではありませんが基盤が少し固まり、さらに固めるための道筋ができました。

さあ3期目です!少し勝負をしにいきます!

まだまだ経験も知識もありませんが、少し自信はつきました。

会社経営も少し分かってきました。

 

Netterは時間がかかるサービスだと認識しています!

ただ最近結果が現れはじめました。

クックパッドもボケても長い年数掛けて大ヒットしています。

もちろん改善が施されて今に形になっているので、何もしなことはありません。

 

まわりに流されず僕たちの一歩でAlfreeは進みます!

周りからみたらミジンコの一歩かもしれませんが僕たちにしたら大きな一歩なんです。

3期目は仕掛けます!

 

みなさん今期もAlfreeをよろしくお願いします!

写真 2015-02-01 20 26 15

Pocket
LINEで送る